マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

忘れたころの星占い

早、13年前のミレニアム。その直前にシンガポール経由でケニアに行った時、8時間という長~いトランジットの途中、本屋さんで英語版の星占いの本を買いました。1年たち占いの期間が終わると本は処分しましたが、1枚だけ取ってあったのです。「新しいミレニアムのあなた」と題し、2000年から2012年、2020年くらいまでの概略が書いてあったので。

ほかの本に挟んであった1枚を偶然見つけ、読んでみるとまたしても怖いくらいに当たっています。さらに、以前はぴんと来なかったことが、「これかあ!」と叫んでしまうほどの発見も。

いわく「2003年から2012年の間、あなたの仕事は2つの全く別の仕事に分かれます。たとえば、一つの仕事をパート・タイムでやって、もう一つの、きわめてユニークでオリジナルなことに時間を費やす、とか」

確かに、この間、仕事と大学院の両立を目指していました。前半は修士、後半は博士で。

「海外に仕事で、あるいは休暇で逃避、ということも2000年から頻繁に起こり、2012年から2020年まではその傾向がさらに強まるでしょう。」

当たってる!というかあと7年ほどこの傾向が続くということなんですね。

さらに「たとえ、どんなに遠くに旅行に行ったとしても、結局、近所に住んでいる人と恋におち、結婚するということもありますよ」

はい、その通りでした。

でも、本当は2012年で大学院を修了しているはずなのですよね。占いによると。

スポンサーサイト

テーマ:シンガポール - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters