マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

errand? chores

大掃除は日本では年末ですが、欧米では春だそうです。iPadで定期購読しているアメリカのMartha Stewart Living、4月号には大掃除特集が載っていました。イギリスのAnthea Turnerの「お片付け」本でも大掃除は春です。我が家は年末と春で中掃除という感じでしょうか。

さらに我が家では家を建てるための様々な「お片付け」があります。errandは用事、choresは雑用、掃除洗濯などの日常の家事という意味があります。

run errandsは「デスパ妻」のシーズン1で、自宅でいかがわしい商売をしていた近所の主婦の説明で、午前中はrun errandsで、午後は...というのがありました。午前中は、車で郵便局に行ったり、という感じだったですね。

今月は銀行などの用事、家での不用品処理などのchores、久々に美容院、歯科、人間ドックなどの予約でいっぱい。さらに、目にトラブルがあり、眼科も受診。

4月上旬には国内と国外のそれぞれの学会の抄録をださねばならないのに、もう3月も半ばを過ぎてしまいました。

人生の自然な流れに逆らわず、かつ時間を有効に使うことを考えていかねば、と思っています。
スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters