マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

電車の中で...

しばらくブログをほったらかしにしておりました。

今日、電車で珍しい光景に遭遇。斜め前の席に、外国帰りのマダム風の女性が一人。なんとこの寒さで青いノースリーブのワンピースを着て座っていました。もちろん、白いコートを抱えていましたが。日焼けした感じで。

私の隣には大きな草色のスーツケースを持った若い白人男性が座っていて、私が座ってしばらくすると連れの白人女性が黒いスーツケースを持ってその前に立ちました。ヨーロッパの人かな?言葉はわかりませんでした。
タグを見るとフィンランド。

お疲れで気の毒だけど、若い人に席を譲るのも、と思っていると、今度は年配の女性が4人ほど乗ってきて、2人は斜め前に座り、1人がその前に立ち、私の真ん前にはもう1人が立ち往生。よくよく見ると私との年齢差はそんなにない感じ...でちょっと空いた私の隣に座れるよう詰めると、白人男性は日本語で「すみません、私、荷物多いんです。」

私がやはり席を譲るべきか?

しばらくすると、青いドレスのマダムが席を立ち、ピンクのノート・パソコン・ケースと真っ赤なバッグを持ち、英語で、私は降りるので、この席に座ったら?と白人女性に颯爽と声をかけ降りていきました。

スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters