マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

世界の雑貨②ベトナム・バッチャン焼き


ベトナムと言えば、手の込んだ刺繍などのオシャレな雑貨で有名ですね。チャイナ・カラーのブラウスやアオザイなどのファッションも素敵です。ビーズ細工のバッグなども。

この茶器はHoa Suaというハノイのフレンチ・レストランで、竹製の茶こしとともに出されたお茶で、ぜひ、同じようなものがあれば買いたいと思ったものです。早速、陶器専門の市場で買いました。茶こしは帰国してからフェアトレードの通販で。

Hoa Suaは恵まれない青少年の職業訓練の一環として営業されているレストランです。「見習い中」ということもあって多少、お値段はフレンチにしてはリーズナブル。10年ほど前に訪れ、ベトナムはフランスの植民地だったからフランス語が通じるのかと思っていて、そうでもない、ということがわかり、唯一、フランス語が通じた場所でした。2001年はランチ、2006年にはディナーでそれぞれ研修仲間と訪れています。

この茶器は4,5人分がゆうに飲めるほどの量が入る大きなもので、研修仲間の女性の友人と二人のランチの後では十分すぎるほどでした。結局これは家ではほとんど使わず、飾って眺めていて、実際に使うのはこれよりずっと小さく、無地で黒の300㏄ほど入る一人用の茶器を、中国茶を飲むときに使っています。

このほかに買ったバッチャン焼きは小皿や湯飲みなどですが、母へのおみやげにしました。昨年あたり、ほとんど使っていないということで、我が家に来ています。

割ってしまうのが心配でつい、しまいこみがちな陶器の雑貨ですが、これからは時々使って楽しみたいと思いました。
スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters