マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

香港でボウリング

今夜、2年ぶりに夫とボウリングに行きました。夫は来週、職場関係のボウリング大会があるということで、練習したかったようです。私の大学時代の最高スコアは150。その時、4回連続でストライクを出したにしてはスコアはよくありません。しかし、ここ10数年は100行けばいい方、120出したら大満足というのが定番でした。夫は160は軽く超え、200近いこともありました。「ガーターがでない、子ども用レーンがあります」などと書かれていて、夫は「これにしようか」などと軽口をたたいていました。

1フレ目は私は100行かず、夫も不調。2フレ目は何と、私は今までの最高記録、169を出してしまいました。ターキー(ストライク3連発)のほかに、スペアが5回。ちなみにターキーとはかつて、ボウリング場でストライク3回出したら七面鳥料理をプレゼントしたことが由来だそうです。初めて私に負けた夫は無口になってしまいました。

どんなことであれ、多少でも肉体を使うことで20代前半の時より、40代の方が点数やスコアがよいというのはある種の感慨を覚えます。しかも、20代より練習量もはるかに少ないのです。20代のころは週1回やっていたこともあるのに、今では2,3年に1回行くかどうかです。

例によって外国でボウリングをしたことがあります。それは80年代前半の香港。伯父夫妻と従姉が当時住んでいました。3泊4日の香港ツアーが全盛の時代に、1週間、伯父夫妻のマンションに滞在しました。マンションからは海と山が見え、目の前の石畳の坂道にバス停があったので一人でも外出できました。それでも、伯母と従姉が買い物や観光に連れて行ってくれました。伯母と従姉と一緒に車で行ったボウリング場はレトロな感じで2レーンあるだけ。木製の下駄箱のようなボーリング・シューズ入れがあり、「マイボール、マイ・シューズ」が置いてあるようでした。日本の昔ながらの「銭湯」を思い浮かべるとイメージが湧きます。照明も薄暗く、今はもう、そんなレトロなレーンはないと思います。そのあと、ゴルフが終わった伯父と合流し、ゴルフ・クラブの「クラブハウス・サンドイッチ」を食べたのを覚えています。

ボウリングならまだ行けるかしら?我が家(私だけ?)のボウリング・ブーム、復活の予感です。



スポンサーサイト

テーマ:香港 - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters