マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

Back to School

9月に入り、仕事はまた始まりましたが、大学にはボランティアの打ち合わせで先週行ったきり。8月の下旬の発表の報告も先生にしていませんでした。今日、ようやく簡単に報告をしました。

仕事はそうそう休めませんが、何かあるとやはり、研究活動や大学関係のことがおろそかになってしまいます。今日は、大学へのフィンランドからのお客様の案内もできず。仕事を1日、父の入院手続きなどで休んでしまったので、予定の変更が難しいのです。また、ベトナムの教育事情についての発表に出られなかったので、別の先生からは次回は出られるかどうか打診が。

自分が出られない場合、代替案や代わりに穴を埋めてくれる人を確保できるようにしています。

こんな時、激しく意見が飛び交うML兼SNSに誘われて加入してしまい、元気が出ません。(加入が遅れたら矢のように催促が)もちろん、有意義なことはわかっているのですが、皆さん、悩みないんですかねえ。
スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters