マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

世界の長城

hadrian walls
英語ではHadrian Walls,ハドリアヌスの長城。スコットランドとイギリスのボーダーで、湖水地方に近いカーライルからバス、または列車です。バスで行きました。カーライルから1時間半です。2時間に1本くらいしかないので、大変です。カーライル駅前に宿をとった甲斐がありました。

9時20分発のバスには最初われわれ二人だけでしたが、時間ちょうどに雨合羽を着た女性二人連れが飛び乗ってきました。あいにくの雨で、しかも寒い。わかっていたはずなのに、スカイブルーのフリースを買ってしまいました。

さて、この写真で見ると、どこにでもある、羊が大勢出てきそうな岩の塀にしか見えませんが。でもこれがかなりの長さなんです。

10年くらい前に、万里の長城に12月に行ったときは雪でした。坂になっているので、すべりそうでした。今回は草原なのでそういうことはないのですが。私としては寒く、湖水地方の草原と変わらないので、その日からマーケットが始まるというカーライルの可愛らしい街の街歩きをしたかったです。夫は嬉々として写真を撮りまくり、塀の上を歩きまくり。

「次回は○○停留所の付近を歩きたい」え~っ??日光結構1度で結構、じゃないけど、1度来たら私は十分でした。

まあ、よくこんなものを作らせた、作ったなあ、という古代史のロマンを感じないわけではありませんが。

スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters