マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

異文化トレランスとダメ元精神

修士に入学するには推薦状が3通必要でした。2つは元職場の上司、1つはアメリカ人の元同僚に書いてもらいました。

元同僚によると私は「異文化に対するトレランスがあり...」などということで、当時はそうした観点を知りませんでした。toleranceとは:他人の見解や行為に対する寛容、寛大、容認。偏見にとらわれない公平さ、などとなっています。忍耐力や耐性という意味ももちろんあります。彼女にしてみると、その当時、アフリカのケニアという途上国で嬉々として毎年のように休暇を過ごしていたということや、彼女の面倒を忍耐強くみていた?ということから書いてくれたのでしょうか。

最近すっかりご無沙汰していたお裁縫の先生から、突然、「今週予定が空いたから個人レッスンできる」というメールをいただきました。しかも、私が随分前に送った「7月中旬以降なら時間がある」というメールの返信として。まだ、「中旬」になってませんよね。彼女のような常識的な感じの人がどうして?見落としたのかな?

私自身も最近、私を含めた4人のランチを設定しようとした時、仕事のスケジュール上、まず無理だと思われる人にもダメモトでお誘いメールを送りました。送られた方にしてみると、「この時期忙しいのをどうしてわからないのかしら」と思われたことでしょう。

そうそう、お裁縫の先生と私に共通するのは途上国で暮らした経験があるということ。彼女は西アフリカと東南アジアの2か国で。しかも彼女はどちらにも2,3年住んだはずです。

突然の停電や断水。なかなか来ない修理の人。道を聞いて「すぐそこ」は歩いて2時間くらいだったり。途上国でなくても、On timeという表示なのに10分以上遅れる電車。

若者集団を連れていったアメリカのホテルで、係りの人に部屋の不具合を私が電話して呼び、すぐ来ないと、私の「英語が通じなかった」と誤解し、嘲笑する若者がいたり。すぐ来るわけないのだ。「ここは日本ではない。」

そんな中で身に着けた「異文化トレランス」「ダメ元精神」。彼女が私のメールを読まなかったのでもなく、「中旬」の意味が分からなかったわけでもないのですよ。

そんなことを考えて、謎が解けました。
スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters