マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

スカイツリーでマダムMの苦労話を聞く


あと1年くらい待とうと思っていましたが、昨日、やはり行ってしまいました。スカイツリーとソラマチ。いろいろな人に聞かれたので念のため。スカイツリーには登っていません。予約がないと登れないのですね。2年ぶりに元同僚と一緒にツアー参加で。彼女も早期退職組でまだホヤホヤ。

10年前までは3キロほど離れたところに住んでいた親しい同僚で、仕事が早く終わったあと、どちらかの家でお茶を飲んだりしました。彼女のうちでは庭で。そのころの小さいお子さんたちも随分大きなお兄さんになったようで。

中華のランチ、シンフォニーでのアフタヌーン・クルーズ、そのあとスカイツリー散策。

彼女に職場で降りかかった災難には本当に胸が痛みます...数年前もかなりだったけど、今年のも「半端じゃない。」快活で飛び切り明るい笑顔の彼女がいくら訴えても、辛そうに見えないのか...「大変なのよ」よくわかります、私には。1つは悲劇でもう一つは喜劇。彼女自身の悲劇や喜劇ではないのに、とばっちりを右からも左からもパンチのように受け、それでもボクシングのヒーローのように倒れないのは本当にエラい!

具体的に書けないのが残念ですが。まあ、ありえない事態です。「お祓いしてもらったほうがいいですよ。」と僭越ながらアドバイス。

彼女とお揃いで、東京バナナのスカイツリー限定品、星の形のパン、キティちゃんのサクマ・ドロップスを買ってしばしなごみました。

今日、彼女の「災難」の100分の1くらいですが、職場でのちょっとした不快な出来事でかなり疲れました。まずい、マダムMの災難が少しウツッてしまったかも。



スポンサーサイト

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters