マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

金環日食

今、視聴している「善徳女王」には天文学知識のあるお坊さんを利用して、天変地異を割り出し、それに合わせて自分の都合の良い「天のお告げ」をでっちあげ、王様に告げる悪の女帝「ミシル」が描かれていました。未来の女王「トンマン」は日食がいつ起こるかを事前に知り、王女に復帰、その後、史実上も天文台を設置し、誰でも天候の予測がつくようにしたそうです。昔は一般の民には知りえない知識、情報だったのですね。


今朝は5時起きで6時頃から金環日食を見に出かけました。前日から海苔巻とおにぎり作り。私は仕事は休みでしたが、大学は休みました。夫は午前中休暇を取って。

かなり雲がかかっていましたが、逆にまぶしい思いをせずにすみました。もちろん日食用メガネを使いました。夫は2台のカメラを設置し、9時まで撮影。

沼地だったので、ウシガエルとうぐいすの合唱を聞きながら、のんびりと過ごしました。パソコンを持ち込んで課題をまとめながら。

この写真では金環日食ぽくないですね。

スポンサーサイト

テーマ:お祭り&行事 - ジャンル:地域情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters