マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

「京の抹茶もん」

週末に滋賀県で調査旅行に参加したので金曜日は京都に一泊、土曜日は近江八幡に一泊し、5年ぶりの関西旅行でした。5年前は宇治周辺の大学で「イギリスのシティズンシップ教育」という講座があったので、終わってから「宇治茶紀行」を楽しみました。

京都は会社員時代は日帰り出張で、当時は新幹線「のぞみ」がなかったので京都は東京駅から3時間でした。家から東京駅の時間を入れると往復で9時間電車に乗り、2,3時間仕事をして帰るというパターンでした。その後、京都へ行くのは学会がらみなどで、お茶そのものの時間がとれず、京都で「抹茶系スウィーツでお茶をする」という機会がなかなかありませんでした。

今回は夕方の4時ころに京都に着き、デパートの中ではありましたが、「都路里」の抹茶パフェを食すことができました。抹茶生クリーム、抹茶ゼリー、みかん、アイスクリームなどが入っています。もう少し値段が張るパフェには抹茶カステラ、白玉、栗の甘露煮などが入っていました。

宿に荷物を置いて、夕食前の散歩のときに「らくたび文庫」という京都の出版社が出している京都の文庫本サイズのガイドブックシリーズに「京の抹茶もん」を見つけ、今回のお土産にしました。抹茶系スウィーツは関東でもありますが、やはり京都で食すのがいちばんです。お菓子のお土産の一つには抹茶パウンドケーキを買いました。

スポンサーサイト

テーマ:おいしい和菓子 - ジャンル:グルメ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters