マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

塩麹とイタリアン

P2012_0309_102530.jpg
いずれ書きますが、私の「フンドシ」で相撲を取り始めた院生に教授へCCして警告のメールを送ったり、4月からの仕事をどうするか悩んだりして、浮かない気分に。そんなもやもやを払拭すべく、今日は初めて行くイタリアンの料理教室へ。

これは4年前まで数年所属していた乗馬クラブに併設されているお洒落なイタリアンのお店がやっている料理教室で、なかなか行く機会がなかったのです。今回、はやりの「塩麹」を使ったイタリアンということで、楽しみにしていました。

「塩麹」の漬物は東北の「三五八漬け」とちょっと似ていて親しみを感じました。アンチョビーの代わりに塩麹を使ったバーニャ・カウダは絶品。9名の参加者のうち4名が5人のお子さん連れで、ちょっと賑やかでしたが、内容はなかなか。デザートを追加で頼み、パンナコッタのマンゴソース。

今日は雨だったので、ケニアの乗馬クラブを思い出すテラスと外は撮りませんでしたが、トイレはこんな感じでヨーロッパ風。

帰りに塩麹を買って気分を直して、コーヒー豆と、500円のポイントを使って京都のガイドブックを買い、帰途につきました。

帰ると電話が。やはり、4月からも仕事を引き受けることになりました。1月で荷物をほぼ全部引き揚げてきたのに。

スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters