マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

Significant other: 大学の粋なはからい

修士の大学のMLで次のような問いかけがありました。
Did you meet your significant other here at ○○?もしそうなら、エピソードをメールで送ってください、と。

時々、放送大学の社会学講座を見るともなしに見ていると「重要な他者」という日本語表現があります。英語のsignificant otherのことね、と思いますが、多少の違和感が。日本語だと、すごく硬い感じですが、英語圏では柔軟かかわらず出てくる言葉だと思っていました。ランダムハウスによると、社会学では「親や仲間のように行動や自尊心に大きな影響を及ぼす人物」とあり、アメリカ口語では「大切な相手、配偶者。同棲中の恋人」となっています。要するに、社会学と会話表現では意味が多少違うのですね。

それにしても、大学が大学で出会った夫婦の「出会いのエピソード」を募集するなんて、面白いですよね。


スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters