マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

ベトナムの色


ベトナムの話が続いております。ベトナムの古都と言えばフエ。さらに日本人街のあるホイアン。えらい方々のお墓である「廟」があるフエは滞在中、小雨続きで寒かったので、暗い印象がありました。それに対してホイアンはこのような提灯をたくさん売っていて、暖色系の街で明るい印象がありました。

111-1160_IMG_convert_20120112184459.jpg
さらに、ベトナムと言えば、蓮の花。蓮茶の香りが良く、中国茶とはまた違った味わいです。古都ではない、のどかな地方のホアビンのレストランでは、ナプキンがピンクで、蓮の花のようでした。座布団もカラフルですがどこかほのぼのとしています。
スポンサーサイト

テーマ:ベトナム - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters