マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

本棚を見れば

CMで「スマホのアプリを見れば」頭の中がわかる、というようなのがありますね。今朝のアサイチでは本棚を見ればその人の興味関心がわかる、ということを指摘していました。

しばらく前に、ある風水師さんが、往年の俳優さんの本棚について整理のアドバイスをし、運気を上げる、という企画がTVでありました。その本棚は数十年前に買った文学全集とかなり古びた書籍がありました。風水師さん曰く「本棚を見ればその人の頭の中がわかります。」

俳優さんは昔20万円くらいだったので、今でも売ればそれなりの値段に、と考えていたようですが、実際は6千円ほど。がっくりされていました。「もっと新しい情報を入れないとダメです」などと言われていました。

さて、私の本棚と言えば、居間には3つあります。1つは教育学関係のファイルや資料、書籍などが入ったもの。ちょっとした趣味の本も入っています。もう1つは英語教育関係の書籍、英文学関係、文化・歴史、旅行、さらに入りきれなかった料理本などが入っています。3つめはアフリカ関係の書籍、分厚い写真集・画集、分厚い海外の料理本といったところです。日常使いの料理本にはまた別の棚があります。

それぞれ、ぬいぐるみや置時計、額、アフリカの民芸品などがゴチャゴチャ入っています。クリスマスカードも本棚にまだ飾ってあります。

私の頭の中はこんなにゴチャゴチャしているのか!

さらに、雑誌なども積んであるわけなので、本当に困ったことです。
スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters