マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

最短のソウル滞在(1)

最短のソウル、と書きましたが、最短の海外滞在でもあります。昨日の夕方帰国しました。

金曜日の夜、羽田から金浦空港に到着。仕事があったので、ボストンバッグにミニ・リュックで出かけました。15年前、アメリカ出張の時に買った中型スーツケースが9月のアメリカで壊れたので、ソウルで買うつもりで。金浦には入国するとすぐにデパート(アウトレットとのことですが)があったので、早速買って、地下鉄で約1時間の押鷗亭へ。

ホテルに着くと9時過ぎていました。近所のコンビニでお菓子や冷たい飲み物を買って、その日は終了。

次の日、ホテルを朝8時頃出て、3号線から2号線に乗り換え、「ソウル大学入口」駅へ。到着後、バス停を確認してからマクドナルドで朝食。マフィンは日本よりちょっと小さめに感じました。

バスで数分で大学に到着しましたが、驚くほど広大で、山が近いので山登りの格好をした人たちが大勢いました。徒歩7,8分で会議の場所に到着、開始の9時半の10分前に到着し、午前中は分科会。5人の発表者で私は3番目の発表でした。5人のうち、日本語の発表が2人、韓国語の発表が2人でそれぞれ、知り合いの韓国人の先生が要約の通訳をしました。私は英語の発表で、日本語で要約を話しました。

ランチは学食でイタリアン。ポテトのポタージュ、チーズハンバーグ、ライス。なんと、キムチが付いていました。昼休みにブックストアでお土産を買い、午後は2時から7時までシンポジウム。合間に、博物館を見学しました。夜は大学の日本食レストランでお刺身と、焼き魚、味噌チゲ、キムチを含めた漬物類がありました。

かなりお腹いっぱいに。それでも2次会が「タイ料理」とのことでした。私はボストン帰りの韓国人の友人と約束していたので、私は2次会はパスし、駅まで車で送っていただき、急いでホテルに戻りました。それでも約束の9時を少し回ってしまいましたが、久しぶりの再会でした。

日本でも最近、よく売っている韓国のマーケット・オーというブラウニーがあります。そのカフェがホテルから近いことを調べていったので、そこでお茶しようと提案すると、彼女は知りませんでした。通行人に聞いても分からず、ホテルへ戻り、ベルボーイさんに彼女が聞くと、「あのへんで見たような気がする。最近、日本人のお客さんによくきかれるんだよね」と言っていたそうです。無事到着。

軽く飲みたい気分になり、バドワイザーを一杯ずつ。マーケット・オーでおつまみと言えば、やはり「ブラウニー」でしょう。(??)2センチ四方のブラウニーをちょこっとかじりながら、おしゃべりを楽しみました。

青山、表参道、代官山といった雰囲気です。とってもお洒落。あっという間に閉店の11時になってしまいました。


スポンサーサイト

テーマ:韓国・ソウル - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters