マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

世界のスタバ

以前にもどこかに書きましたが、最初にスタバを知ったのはまだ日本上陸前のシンガポールで。その後、日本で見かけるようになり、もともとはアメリカのコーヒーショップと知りました。

その国の伝統的な場所では、英語表記でないところも。韓国ソウルの仁寺洞ではハングル。

上海の観光地、豫園では中国語だったような気がします。京都で日本語とはいかないのですね。

102-0236_IMG_convert_20111024184309.jpg
イギリス・ヨークでは、古い銀行の建物を使った、歴史の重みあるスタバがありました。

105-0510_IMG_convert_20111024184417.jpg
私のいちばんのお気に入りはこのスタバ。ちょっとワイルドな自然豊かな感じです。フィリピン・マニラの小さなホテルにあるスタバです。コーヒー1杯の値段は日本と変わらず、近所のショッピングセンターでのランチより高かったのですが、時々優雅なひとときを楽しみました。
スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters