マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

米仏比較

図書館で、昨年他界されたシャンソン歌手、石井好子さんのエッセイ集、「私の小さなたからもの」が新刊で出ていたので借りて読みました。フランスにお住まいだったことは有名ですが、戦後わずか5年後にアメリカ留学をされていたのですね。

アメリカとイギリスの文化比較の本はよく見ますが、フランスとアメリカの文化比較が描かれているのは、あまり見ないような気がします。「アメリカは大変便利な国ですが、やはり私は不便でもフランスが好き」と石井さんは随所に書かれています。

かつて、フランス人の知人が「私はぜったいに『コス○コ』へはいきません。アメリカのジャンクフードは嫌いです」と言っていたのを思い出しました。

アメリカだとコーヒーは日本の2倍の大きさですが、フランスだと約2分の1です。アメリカではサーモスを持ち歩いて半分いれ、残りを飲まないと余ってしまいますが、フランスだと「もう一杯頼もうか?」と考えてしまいます。

いずれにしても、両方の国に住む、という経験をされる方はラッキーですね。まあ、旅行でも両方の良さはある程度、堪能できます。

スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters