マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

黒人女性初


ハリウッドのウォーク・オブ・フェームでハッティ・マクダニエルの「星」を撮影しているのは私くらいでしょう。あの「風と共に去りぬ」で印象的な、スカーレットの乳母役で、コルセットを締め上げてウエストを絞っていた貫禄ある女優さんです。黒人女性初のアカデミー助演女優賞だったとのことです。

ご本人は当時、インタビューに「黒人女性は週給7ドルでメイドをやるか、週給70ドルでメイドの役をやるかしかないのです」と答えていたそうです。今やそんな状況はすっかり変わっていますね。

先ごろ、「黒人女性初」のノーベル平和賞を受賞したケニアのワンガリ・マータイさんが71歳で亡くなられました。「環境問題」と「女性の地位向上」への貢献が受賞の理由だったですね。「もったいない」という言葉を日本人以上にかみしめてくださった方でした。それにしても、失礼ながらそんなお年には見えませんでした。

この次の「黒人女性初」はどんな方がどのような形で示してくださるのでしょうか?



スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters