マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

コンサートのはしご

昨日は大学時代の友人と友人の娘さん、大学院の後輩の3人と出かけていました。友人とは1年ぶり、娘さんとは約10年ぶり。5歳位の時に会ったきりですが、2,3歳の頃のあどけないイメージそのままに、大きく成長していました。友人たちの娘さんたちには何人か会っているけれど、いちばん可愛い。一緒にいても疲れません。

午前中は「房総のむら」のふと巻き寿司教室に。3日後にアメリカ留学を控えた娘さんと中国人の後輩は奮闘。お昼はラーメン。午後は復興支援のチャリティ・ジャズ・コンサートで盛夏にふさわしいパワフルな演奏を楽しみました。

夕刻になり、3人を駅まで車で送り、そこで別れました。私はその足で自宅に車を置きに行き、花束を急いで作り、バスで駅まで。

夜は大学院関係の別の友人のクラシック・コンサート(声楽、ピアノ)があったため、今度は電車で駅前のホテルに。さすがに、10分ほど遅刻してしまいました。友人は歌の担当で、お姫様のようなドレスで、華麗にソプラノを披露。う〜ん、恵まれた人生を送っているなあ、彼女は。この美貌でこの美声。

スカートに履き替えたものの、昼間、車で合計40キロ走り回ってよれよれの私。記念撮影しましたが、まるでお姫様と召使いのよう。

帰宅後、夫の車で夕食に。3回目のお出かけ。お目当てのレストランは混んでいたので、私が女性陣とのランチに利用していた洋食屋さんでハンバーグ。

忙しい1日でした。


スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters