マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

日本の中国人(朝鮮族)

今日は大学院の後輩にあたる中国人女性と一緒に成田祇園祭へ。昨年はエビゾーさんを見に行ったっけ。彼女は中国で大学を卒業後、修士号を日本で取り、現在、博士課程に在籍中。彼女は朝鮮族なので、家庭では韓国語、高校まで韓国語で授業を受け、大学では中国語で講義を受けた、とのことです。要するに、中、韓、日の3ヶ国語使えるということですね。日本在住の朝鮮族の方は逆に中国語を使う機会がない場合が多いのです。

中国の朝鮮族の方というのは他にも知り合いがいます。一人は夫婦でお世話になった中国整体のマッサージ師の先生。どちらかというと夫の方が彼との中国史に関する会話を楽しんでいたようで。私は世間話をしつつ単純にマッサージを受けていただけです。先生が「次にどうするかは決めていないが、仕事を辞めます」と退職されてから、我が家は別の整体院に通っています。旅にでも出たのかな?今頃どうしているのでしょう。

もう一人は働きながら定時制高校に通う若者。朝鮮族の方は高校で第2外国語として日本語を学ぶそうなので、皆さん日本語が上手です。逆に、英語を学んでいないので、日本へ来てから大変、とのこと。

言葉だけでなく、文化も韓国。家庭ではチゲなどの韓国料理を食べているということでした。お祭りできゅうりの串刺しを食べている人たちを見て、彼女が一言。「生のきゅうりにコチュジャンをつけて食べたりしますよ。」
私もすかさず、「日本では生のきゅうりに味噌をつけて食べますけど、それと同じ感じかな?」

お昼は冷やしラーメン、その後、赤ワインをかけたかき氷(彼女はかき氷自体初めてでした)で涼みました。意外だったのは、イギリス風パブが彼女のお気に入りだったこと。ビールを飲んでいる人たちが多かったのですが、水分を摂ったあとだったので、私たちはバニラアイスでさらに涼みました。人を案内すると新たな発見があります。

スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters