マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

ギリシャの色、マンマ・ミーア

昨日はアフタヌーン・ティのあと、ミュージカル、マンマ・ミーアを見てきました。なんと優雅な。

マンマ・ミーアは飛行機の中で見て、メリル・ストリープの歌なども楽しみましたが、何といっても画面が小さく、飛行機の中の雑音が入るので。時には途中で寝てしまったり。これまで、機内でみた映画は帰国してからDVDを借りたり、その直後日本で公開される場合も多いので、映画館で観たり。ミュージカル、というのは初めてです。

劇団四季のミュージカルはあの、ギリシャの雰囲気を登場人物の鮮やかな青や、水色の衣装で見事に表現していました。

昔、母がギリシャ旅行から帰ってきたとき、水色、青、黄色、紫などが淡く入ったシフォンのワンピースを着て帰ってきました。その後、日本でも着ていましたが、「やっぱり、これはギリシャのあの雰囲気だから合う柄なのね」としみじみ言っていました。まばゆい太陽の黄色、青い海、水色の空、白い壁という世界が目に浮かびました。

私はギリシャへは行ったことはありませんが、ケニアに行く途中でキプロス島にトランジットしました。2時間ほどなので外へ出たわけではありませんが、短パン姿で真っ赤に日焼けし、幸せそうな観光客が鮮やかなリゾートファッションで闊歩していたのでなんとなくイメージはできます。

マンマ・ミーアの後半の結婚式の場面ではオレンジ、ショッキングピンク、黄色、など暖色系の鮮やかな衣装で大勢登場します。太陽の光が燦々と差す海辺の楽しげな華やかな雰囲気が表現されていました。

映画ではメリル・ストリープの昔の恋人がコリン・ファースということで、実年齢はコリン・ファースの方がずいぶん年下(メリル・ストリープより11歳年下)と多少の違和感がありましたが、ミュージカルでは、3人の男性は他のキャストと比べて年齢が高い渋い雰囲気がでていてよかったです。

スポンサーサイト

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters