マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

カレーはインド?

今日はあまりの暑さに、職場の駅近くに出来たというインドカレーのお店でランチに。男性客が二人いるだけでした。一人は年配のサラリーマン風、もう一人は近所の大学生風。サラリーマン氏はまもなく帰りましたが、学生風の男性はカウンター席でゆうぜんと食べています。

お味の方は...以前この並びにあったインド料理店の方が美味しかったかも。暑さにぼんやりしながら考えていると、店員さん二人がカタコトの日本語で青年に話しかけています。「何年、日本にいるんですか?」「ああ、5年だよ」どうやらこの青年は日本人ではなかったようです。でも日本語は日本人並み。黙っていたら気づかないところでした。

「ベトナムに行ったの?」「え?なんで?」「国はどこ?」「僕は中国人だよ。」店員さんは青年の国籍を誤解していたようです。まもなく、青年も店を出ていきました。

若い方の店員さんが今度は私の方へ。「いつこのお店は出来たんですか?」「2年前か、3年前」「え?2年前だったらこの前を毎日通っていたはずだけど」年配の店員さんが「この先にあったお店がここに移ったんです」ああ、道理で。そういえばこのおじさんは見たことがあるような。

会計をするときに「私はインドに行ったことがあるんですよ」と言うと、「ネパールはありますか?私たちはネパール人です」

そうか、私も思い込みがありました。本場の人が店員さんの、本格カレーのお店はインド人のお店だと。

スリランカ、バングラデッシュ、パキスタンのカレーは食べたことがありますし、ネパール料理店にも行ったことがあります。スパイスが全く違いますが、タイカレーももちろん。

ケニアで「チャイニーズ?ジャパニーズ?コリアン?」と年中聞かれたことを思い出しました。

見分けがつかないのは、万国共通。







スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters