マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

日本のワイナリー


昨日は群馬県足利市のココ・ファーム&ワイナリーに行ってきました。10数年ぶりでした。家族とは初めて。かつて、アメリカ人の友人に誘われ、10数人で電車で数時間かけて朝から出かけたのはそこのワインの「収穫祭」。ワインボトルの着ぐるみを来たスタッフに出迎えられ、一日中チーズとワインで飲んでました。いかにも外国人が好きそうなイベントです。

その話を夫にしたところ、「足利学校」にはなんども行ったことがあった彼は、ココ・ファームとセットで私と訪れようと決めたようです。

昔はレストランはなかったと思うのですが、やはり、外国のレストランのような雰囲気です。ぶどう棚がよく見えます。ランチはスモーク・チキンと野菜、焼きたてのパンで、私だけ申し訳ないのですが、白ワインをいただいてしまいました。極楽、極楽。健啖家(大食漢)の夫いわく、「あと1皿半は入る」とのことで、物足りなかったよう。私にはほどよい量でした。

お土産には「農民ドライ」と「農民ロッソ」の紅白ハーフボトル。ここのワインは2008年の洞爺湖サミットで出されたとのことです。
スポンサーサイト

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters