マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

犬も歩けば...

「犬も歩けば棒に当たる」

出歩けば幸運に出会う、という意味と災難に遭う、という両方の意味がありますね。やはり、歩きまわるといいことがある、という意味で積極的に使いたいものです。

英語だとEvery dog has his day. フランス語だと同じ意味のChaque chien a son jour.
とありました。「どんな人にも盛運の時がある」という意味で、日本語とは多少ニュアンスが違う気がします。

この2か月ほどで、3人の元同僚と電車の中でバッタリ遭遇。同じ車両、さらに通路を隔てて正面、などということもありました。女性2人、男性1人です。そのうちの二人は普段は車通勤、一人は4月から転勤のため電車通勤に変わったとのこと。

電車ってたいてい10両ほどはありますよね。それを考えると、かなりの確率です。しかも夕方や夜。朝なら毎日同じ電車ということはありますが。

最初の女性は、夫の高校の先輩にもあたる方で、私とは仕事上の接点はほとんどありませんでしたが、感じのよい方で、機会があればよくお話をした人。彼女と電車でばったり、は2度目です。

二人目の女性は、肝っ玉母さん的な方で、よくランチに誘ってもらいました。彼女の家の近所の大きなお祭りにイギリス人やフランス人の同僚と一緒に誘ってもらい、ご自宅にも伺ったことがあります。彼女のおかげで、近隣のグルメ情報を大いに得られました。○○ホテルの和食は水曜日レディースディでデザート付き、などなど。

男性の元同僚は会議の時の席がずっと隣だった方。奥さんは私と修士が同窓です。自宅が近所で、女性の友人と奥さんを訪ねてご自宅を訪れたことがあります。

というわけで、単なる「知人」よりもつながりが深い方たちとお会いでき、まさに「犬も歩けば棒に当たる」。

男性の元同僚との話で、10年近く前から研究会などでご一緒した女性が現在、彼の同僚で、私の大学の後輩ということを初めて知りました。

電車通勤は疲れるけど、悪くはないかも?
スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters