マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

人権の街で英国ティールーム

IMG_1714_convert_20110304094637.jpg
カンタベリー・ティー・ハウスという看板が見えます。イギリスのティーハウスかな、しかも昨年の12月に訪れた「カンタベリー」だし。でも、なんか変。電柱が立っているし、よくよくみると「はり紙」なんていう日本語が書いてあります。そう、ここは大阪。

IMG_1716_convert_20110304094726.jpg
中にはいるとこんな世界が広がっていてまるでイギリスです。入ろうと予定していたわけではなく、お昼には大阪らしいたこ焼きでも、と思っていたのについ。雨の中、大阪人権博物館を訪れた後、弁天町にある人権関係機関に行く途中発見したのです。12時少し前でしたが、お昼にすることにしました。結局、イギリス風な素朴なバナナケーキとヌワラエリアでお茶にして、余ったおにぎり1個を後で食べて昼食に。

IMG_1704_convert_20110304094535.jpg
結局、次のアポイントメントがあったので、目的の場所を探すのを断念。駅のこんな看板を発見しただけでも大収穫として、次の場所に移動しました。
スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters