マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

Every cloud has a silver lining

どんな人も困難とは無縁ではないし、人生には何度か転機を迫られることがあります。「男には7人の敵がいる」なんていわれると「女にはその3倍は敵がいる」とも常に思ってきました。10代の頃から辛いことがあったり、「今がドンゾコ」と思うようなことがあると自分を元気づけるフレーズを探して書きとめて眺めたりしたものです。

「明けない夜はない」「塞翁が馬」"Tomorrow is anther day."などなど。

Every cloud has a silver lining.は、文字通りには「すべての雲には銀の裏地がある」ということですが、「困難の後・陰には明るい未来がある」ということで、元気づけられる言葉です。

大人になってからは、困難な状況になった時、信頼でき、適切なアドバイスをくれそうな人、複数に相談したり、愚痴を聞いてもらったり、あるいは問題の張本人がいればなんとか説得を試みたりしました。私はもちろん精神的に参ることはありますが、基本的にストレスが体に出るタイプです。

小学校2年で転校した時は、新しい住宅地に大勢引っ越してきたので、私一人が転校生ではなく、複数まとめて紹介され、自分だけが目立っていたわけでもないのに、髪の毛が抜けてきたことがあります。しかも、学校が大変とか辛いとかまったく思っていませんでした。ストレスがあったのだと体に来て思ったものです。

年を重ねるに従って、ストレスが目に出るようになり、目から出血したかのような目の充血という症状が5年に1度くらい出ました。そう、私のストレスはたぶん胃には出ないのです。

メーリング・リストでは、悩みをぶちまけた時はよく知っている目上の方々だけでなく、お名前しか知らない方々まで、激励や慰め、打開策のアドバイスをいただいたりして心強かったものです。

ブログでは直接は存じ上げない方々から共感のメッセージなどがあり、励まされることがあります。

近年、気に入っていて若者へのアドバイスによく使っているのがこれ。

When life hands you lemons, you make lemonade.

英語の文化圏ではレモンは「つまらないもの」とされています。ですので、「人生において、レモンしかもらえなかったら、せめてレモネードをつくろう」的なニュアンスがあります。

自分にとってはベストと思えない状況でもポジティブに生きていこうというメッセージを込めているつもりです。

いろいろ励まされるフレーズやことわざはありますが、自分の今の状況にぴったりはまるものが、今回書いたものの中になければ、英語ならquotationのサイトなどでお探しください。 
スポンサーサイト

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters