マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

年末年始のバースデー・ケーキ

Birthday cake
我が家ではクリスマスと誕生日にケーキを注文するケーキ屋さんはだいたい決まっています。1昨年前までは夫と私の共通の知人の奥さまが経営するレストランで作っているケーキを注文していましたが、知人の定年退職と同時に「これからは一緒に旅行したいから」という理由でレストランを閉店してしまったのです。

今はショートケーキなどシンプルなケーキ中心で、キャラクターにも対応するお子様向けのケーキを作っているところに注文することが多いです。近所に住む友人のフランス人が絶賛する、フランス風の凝ったケーキを出すお店は混むので注文したことはありませんが、普段のケーキは時々買います。

昨年、クリスマス明けの26日にたまたま、いきつけのケーキ屋さんの前を通ったら臨時休業でした。そりゃそうでしょうねえ。クリスマス明けからお正月3が日くらいの間に誕生日の人は、うちの夫も含め、注文ケーキやケーキそのものを食べる機会がないのではないでしょうか。

イギリスに行く前にヨークのベティズのHPを見ていて、フルーツケーキの上にマジパンを載せたバースデー・ケーキを見つけ、買ってくることにしました。
Cake tin
こんな、クラシックでかわいらしい缶に入っています。やはり、1月上旬が誕生日の叔母のためにもう一つ買いました。好き嫌いが多く、フルーツケーキが苦手だったかも、と思い従妹に確認したら大丈夫だったので送りました。寒中見舞いを兼ねたので遅くなってしまいましたが。
スポンサーサイト

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters