マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

フランス語とスワヒリ語

かつてナイロビで行われた英国航空主催の屋外パーティで、我が家はビンゴでサファリ旅行が当たり、12月中旬ころに旅行に行くことにしていました。ところが、豪雨で予定していたサファリロッジに泊まれず、急遽別のロッジのツアーに参加することになりました。

急な変更だったため、小さい女の子を連れたフランス人母子と一緒になったのです。うちの家族と母の友人の娘(私の友人になりました)でケニア在住のスワヒリ語がわかる日本語教師の4人だったため、ガイドはまずフランス語で話してから友人にスワヒリ語で話す、ということになりました。「英語でも話してほしい」と頼みましたが、面倒くさかったようです。「英語は苦手なの?」と聞くと「私は3ヶ国語とても上手に話せる」と英語で答えました。それでも英語で連絡をしてくれませんでした。

Petite dejeuner a sept heures. のあとでチャクラ...とスワヒリ語が続きました。朝食は7時ね、と一応はわかりますが、細かいことはわかりません。スワヒリ語を日本語に訳してもらえば大丈夫だろう、と思われたようです。

ガイドさんはいかにも田舎のおじさんという感じの人でしたが、素朴な感じのスワヒリ語で話しているときと、フランス語で話しているときは別人のようでした。やはりフランス語はお洒落な響きなのですね。

失礼かもしれませんが、東北弁と京都弁という感じでしょうか。

フランスにも行くことになったので、昔のフレーズブックを引っ張り出していますが、20年ほど前にモスクワ空港で買ったコリンズのカセットテープ付きフレーズブックのビジネス編で「テレックスはどこで打てますか?」などという例文があり、時代の流れを感じます。

英語とフランス語は似ていると言いつつもコンピュータはオーディナトゥールと全く別の言葉だったりするのであなどれません。

Les toilettes, s'il vous plait. 場所にpleaseに当たる言葉を付ければ「トイレはどこですか?」になるのも不思議な感覚です。

Ou sont les toilettes la plu proche? カスタマイズしてみました。「いちばん近くの郵便局はどこですか?」などというのが一般的な文例です。「いちばん近くのトイレはどこですか?」切羽詰まって聞こえてはマダムっぽくないですね。

よく聞く失敗例としてはDu cafe, s'il vous plait.というとDeux cafeと間違えられ2つコーヒーが出てくるというものですね。Un cafeと言った方がよいとか。

フランス語は使う機会がほとんどありませんでしたが、近所にはフランス人の友人がいて、徒歩の時は自転車に乗っている友人とばったりでくわすことがよくあります。先日ゼミの帰りで夜11時ころ自宅付近でばったり会いました。とっさにボン・ソワと言ってしまいましたが、ボン・ヌイと直されました。それにしてもこんな田舎で多少なりともフランス語を使う機会があるとは。彼女とは日本語か、英語圏の人がいるときは英語で話すので、フランス語はもっぱら挨拶です。だから上達しません。

スポンサーサイト

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters