マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

K-12, K-9

K-12はKindergarten(幼稚園)のKから始まる高校までの13年間の教育期間でアメリカ、カナダで用いられています。日本では小中高というイメージで使われていることが多いようです。幼児から大人まで、英語教育の年齢層を表す時、小中高ととらえていました。

翻訳の仕事の関係で新たにk-9というのを目にしました。正確にはK9 corpsという言葉です。「軍用犬」を意味するCIAの言葉だそうです。

ワシントンD.C.のCIAは96年に見学で訪れましたが、射撃の練習などを見学できたのを記憶しています。

CNNではwar dogsを使っていて、動画なども見られます。

翻訳の仕事のための調べ物は昔とは比較にならないくらい便利になったのですね。改めて思います。国会図書館に行ったり、大宅文庫に行ったり。かつての出版社の仕事の時には大宅文庫を利用しました。
スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:学校・教育

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters