マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

亀のエサのなぞ

今日はお盆休みに入る前に午前中に調査に行きましたが、担当者が休暇を取っていたので、早めに切り上げて、普段行かないショッピングセンターに久々に行ってきました。Zaraで白地に細く青いストライプの半そでシャツを買い、他の店でジャラジャラしたアクセサリーをワンコインで買い、さらに帰宅してからパンを買いに行ったショッピングセンターでタルボットの白のようなグレーのようなタンクトップをワンコインで買ってしまいました。

昨日は突然、日帰りで「福島県の鍾乳洞で涼もう」という夫の提案ででかけましたが、出たのが遅く、三春ハーブガーデンに立ち寄っただけとなりました。そこではワンコインで蘭の鉢植えを買って帰りました。というわけで、バーゲンづいています。

さて、3年前のNY土産は夫の母にはユニセフのショップで買った茶色系の花柄の渋いキルトの小物入れを買いましたが、夫の父のお土産では悩みました。ちょうどチャイナタウンを散策して、マッサージをしてもらったりした後、白いチャイナカラーで中国っぽい虎の絵が書かれているシャツを見つけ、お土産にしました。ぜんぜん「アメリカ土産」ではないのですが。

ホテルに帰ってから袋を見ると、買った覚えのないものが入っています。なんだろう?とみると小さい透明な袋に深緑のような、グレーのような小さい円筒状の薬のようなものが入っています。えっ!?袋の裏には英語の説明があり、亀のエサということがわかりました。「おまけ」のつもりだったのでしょうか?間違えて入ってしまったのでしょうか?

会議が終わり、平和映画祭で、会議でご一緒した日本人の先生二人とばったりお会いし、街を散策しているときにこの話をしたところ、女性の先生が「高校生の息子が亀を飼っています」ということで、差し上げることにしました。次の日以降はNYでお会いする機会はなく、日本ではかなり遠方に住んでいらっしゃるので、NYで滞在されているホテルのフロントに預けることにしました。

私が泊まっていたエレベーターのない格安ホテルとは大違いで、そんなに大きなホテルではありませんでしたが、照明が落としてあって雰囲気のあるいかにも格式の高いホテルでした。日本人らしき東洋人は全く見かけませんでした。いつの日か泊まってみたいホテルでした。名前は覚えていませんが、亀のエサをお渡しした先生とは連絡がつくのでそのうち。

スポンサーサイト

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters