マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

ボツワナの女探偵、ドラマ化!

以前書いた、スコットランドの作家、マッコールスミスのThe No. 1 Ladies' Detective Agency、ボツワナの女探偵シリーズが2008年にTVドラマ化されていて、それがスカパーのLaLa TVで今年9月から放送予定だそうです。その先行放送が昨日、ありました。イギリスBBCとアメリカHBOと共同制作されたそうです。

昨日はずっと選挙関連番組を見ていたので、確認のため、ちょっと見ただけですが、女探偵ラモツエ役の女優さんが、大きなふくよかな体と、とびきりの明るい笑顔で、原作のイメージにぴったりでした。夫マテコニはやせた人と想像していたので、体型は想像と違うのですが、実直で優しそうな雰囲気はイメージにぴったり。秘書マクチはラモツエよりちょっと年上のやせた中年女性を想像していたので、ドラマでは昔の女学生のように若い、と感じました。極めて成績優秀で秘書養成学校を卒業したという設定なので、黒縁めがねをかけ、生真面目な雰囲気はイメージ通りです。 きゃしゃなくらいやせています。依頼人とラモツエの会話に、秘書なのに首をつっこんでいちいちコメントする、というのも原作どおりです。(結構、解決の糸口になっているので、あなどれないのですが)

アフリカのリンガラ音楽っぽい音楽と、ゆるやかな雰囲気、年がら年中お茶を飲んでいるように見えて問題をスッキリ解決する探偵さん、と9月からが楽しみです。ちなみに、bush teaとラモツエさんが言う場面の字幕はすべて「ルイボス・ティ」となっており、ルイボス・ティは定着しているのだなあ、と改めて思いました。原作はbush teaとなっています。

原作は1998年が1作目で今年は11作目がでています。第1作、2作は買って読み、第10作は図書館で借りて読みました。イギリス土産で3,4作目は買っていますが、積ん読状態です。日本語訳は4作目くらいまであるようです。






スポンサーサイト

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters