マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

奈良(2)-充実の土曜日

カエル
早めに会場に行くため、バスに乗っていると、金曜日の夜行バスで早朝着いた夫から留守電が。後から聞いたらレンタカーを借りて、私の泊まっていた宿まで迎えに来てくれたとのことでした。会場はバス2本乗り継がなければならないので、知っていたらもっとゆっくり朝食をとったのに...宿の朝食はジャガイモのキッシュなどがついた洋食で、心がこもったものでした。コーヒーもおいしい。

土曜日の午前中は「多文化社会における教育の公正さ」がテーマで、アメリカのNCLB法(No Child Left Behind)というブッシュ前大統領が導入した制度と、Language Artsという教科においての平等・公正の概念などの紹介でした。

お昼は柿の葉寿司で買った海苔巻。ゼミ仲間の女性と入江泰吉の写真美術館を見てから新薬師寺に行きました。新薬師寺は個人のお庭のような風情のある小さいお寺でした。出口では金銀のカエルが見送ってくれました。

午後は6時頃まで個人発表を4つほど見ました。先生の紹介でボストンの情報をくださった方には発表で初めてお会いすることができました。

夜は夫と合流し、懐石風の和食を奈良のお酒とともに味わいくつろぎの時を過ごしました。古い街並みがたくさん残り、京都とは違った風情が楽しめました。
スポンサーサイト

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters