マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

イベントの情報

研究テーマに関連した講演会、ワークショップ、映画会などのイベントはMLで回ってきたものをチェックすることが多いです。そのほか、知人から誘われたりすることもあります。あるイベントで配られていた別のイベントにまた行くことも多いです。残念なことに、そうした催しの日時がバッチリ重なっていることもあります。

昔、池袋のサンシャインで英語教育の展示、アフリカ関係の展示、それと、普段はブランド物とは縁がない私の唯一のお気に入りのブランドのバーゲンがそれぞれ重なっていました。ただ、どれも1日中やっていて、出入り自由だったので、はしごしたことがあります。「今日、ここに来て、この3つの会場を見た人はまずいないだろう」とひとりごちながら充実感たっぷりで帰りました。

5月の職場の「同窓会」には「知人の結婚式と重なっていたけれど、隣のホテルでやっていたので、終わってから来てみた」と言う方がいて、ちょうど記念写真をとる直前に間に合ったということがありました。

先日、日本国憲法で男女平等を書いたシロタ・ベアテ・ゴードンさんのドキュメンタリー映画とその解説というイベントと、以前お世話になった方の講演会がぶつかっていました。その映画にお誘いした友人が行かれないということがわかったあと、講演会があるとわかり、講演会に行ってきました。その方へのお土産には池田香代子さんの日英対訳「日本国憲法」という絵本などを持って行きました。

私信です:というわけでH子さん、私は映画会には行きませんでした。ものすごく膨大な講演会の資料があります。今度お会いした時にそのうちの一部をお渡ししますね。


スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters