マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

Snail mail, fax, アナログ通信手段

「忘却とは忘れ去ることなり。」妙な口上だと思ったものですが、かつてのラジオドラマ「君の名は」の冒頭のナレーションだったそうです。私の知っているのは女優の鈴木京香が「真知子」役をやったNHKのドラマで、千葉県野田市につくられたセットを見に行ったことがあります。

戦争中に春樹という青年に助けられた真知子が互いに名を明かさぬまま、半年後に有楽町の数寄屋橋で再会しようと約束しましたが、すれ違って果たせず、というすれ違いドラマとして有名です。真知子巻きなんかも昔ははやったそうで、鈴木京香が映画「沈まぬ太陽」で、中近東に赴任した夫について行った役を演じた時、スカーフをしていましたが、「真知子巻き」?と思ったのは私だけでしょうか。

もし春樹と真知子が携帯を持っていて連絡先を交換していて、連絡先を変更していなかったら、このドラマはありえなかったのですね。

連休中、緊急に昔の友人に連絡をとる必要があったとき、年賀状だけのやりとりで、年賀状に連絡先がなく、電話番号が電話帳に登録がなく、やはり連絡手段は、はがきしかありませんでした。私には連絡が届いていないと思った別の昔の友人がやはり私にはがきをくれました。スネイル・メイルでもこういうときには助かります。

教授と私が共同で出さなければいけない書類があり、私の部分はワードで作っていました。メールのやりとりで済むはずでした。ところが、教授の部分は昨年度のものをちょっと変えればよいだけだったのですが、ファイルがなく、紙の文書だけでした。ファイルがあればメール添付で済んだのですが。その時、教授はPDFファイルを作る暇がない(頼む人が手近にいない)ので書類をとりに来てほしいということでしたが、自宅にファックスで送ってくださるようお願いしました。ファックスとは、思いつかなかった、とのことで、ちょっと手間取った後、ようやくいただきました。

何十枚の文書や写真が手軽にパソコンで送れるようになり、便利になりましたが、アナログ通信手段も捨てたものではありませんね。





スポンサーサイト

テーマ:スローライフ - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters