マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

あなたの前世は「芭蕉」?

昨日はつつじを見に日本エアロビクスセンターに行きましたが、思ったほど咲いていませんでした。昔よりはるかに混んでいるのにびっくり。それで近くの笠森観音に行きました。20年近く前に友人数名とケニア人(現在は友人の夫です)と一緒に訪れて以来でした。

笠森観音には松尾芭蕉の句碑があり、「五月雨にこの笠森をさしもぐさ」という句を詠んだとあります。芭蕉の「五月雨」関連の俳句は五月雨をあつめて早し最上川」の方が有名です。笠森の「かさ」を「さし」とかけています。前回は真夏で今回は快晴の5月なので、雨とは無縁でしたが、笠森観音には雨が似合いそうです。山道を登り、さらにお堂も登るので、今回の連休は登ってばかりでした。

さて、昔、「コンピュータ前世占い」をやったところ私の前世は「芭蕉のように旅をしながら歌を詠むというような気ままな生活をしていた男性。ドンファンで結婚はせず、女性と浮名を流した。」とのことで、女性と浮名、はともかく、なんとなくそうかも、と思えました。ちなみに父は「宮沢賢治のような繊細な男性」母は現在話題の「坂本竜馬のような豪快な男性」と出たように記憶しています。

一か所に定住せず、狭いながらも転勤ごとに全く違う街に住んできて、前との関連性が薄い、というのはそういうことなのかな、と再認識しています。占いとはいっても。

今月は同窓会を含め、昔の人たちと会う機会が多いのですが、生まれたところにいまだに住み、最初の仕事にいまも就いている人も多いです。彼らにとっては記憶は連続していますが、私にとっては分断された記憶をたどる懐かしい時間です。
スポンサーサイト

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters