FC2ブログ

マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

師任堂(サイムダン)の敵役女性

我が家は1日おきぐらいにサイムダンを見ているので、まだ4分の1ほどです。ヒロインが王族の婚約者との仲を引き裂かれ、家に居候していた書生さん(ひそかにサイムダンが好きだった)に嫁がされ、それから20年、というところです。この時代だとまだ30代後半くらいでしょうか。劇中ではお子さんが4人います。(史実では7人だそうですが)

王様によって不幸になってしまったヒロインですが、そもそもの発端は、近所に住む「旅籠屋の娘」のせいでした。身分が低いながらも向学心があり、仕事の合間に、お嬢様たちの学校の授業を見学させてもらって、字が読めるようになっていたのです。ヒロインの恋人の王族に横恋慕し、邪魔立てした、というわけです。

20年後、彼女はどうなっていたかというと、なんと、悪代官ならぬ、悪徳高官の妻になっていました。両班のお坊ちゃまが通う学校のPTA的な組織の「女帝」として君臨しています。両班ではあるものの、旦那さんが科挙に受からないので貧しい暮らしをするヒロインの次男は非常に優秀(将来お札になるくらい)ですが、「PTA」からは「貧しい家の子はダメ」と言われる始末です。

次男がお坊ちゃま学校の外から授業を見学していると「元旅籠屋の娘」はかつての自分と同じような少年には冷たい仕打ちを。
というような話になっています。

ヒロインのかつての恋人がこの学校の教師となり、3人の縁が絡み合う、ということですが。

フィクションとわかっていても面白いのです。

スポンサーサイト

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ハワイ語辞書"

フリーエリア

free counters