FC2ブログ

マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

小皿料理と言えば:週末はスペイン・バル

我が家は私が木曜日、夫が金曜日、職場関係の飲み会の場所がそれぞれ別のスペイン・バル。正確に言うと、私はカナダ人の元同僚と日本人の奥様が久々に来日するので、当時の同僚が10人ほど集まる会、でした。

遠距離職場を4時に出て、飲み会場所の最寄駅に6時半に到着すると、誰かが私を呼んでいる。10年ぶりにお会いするご夫妻でした。彼らの結婚式以来、10年ぶりです。

他のメンバーを待っているというわけではなく、場所がわからないのでとりあえず駅にいた、とのこと。しばらく誰も来なければ、連絡しようと思っていたようです。

さて、小皿料理と言えば、中国、台湾、それとスペイン料理。検索すると日本橋「たいめいけん」もヒットします。スペインに行ったことはないのですが、アヒージョ、バーニャカウダ、タコ料理、オムレツなど好きですし、家でも作ります。私の行ったお店ではアヒージョは出ましたが、パエリアではないお米料理が出ました。家人の行ったお店ではバーニャカウダが出たそうです。

やはり、魚介類と小皿、日本人好みですよね。ちなみに、昨年、香港の学会では白地に藍色の柄の「小皿」がお土産でしたが、アメリカ人の共同発表者から「いらないからよかったら持って行って」と言われました。彼女はアジア系なのですが、やはり普段の生活で小皿は使わないのですよね。

かつて、アメリカ出張で同僚が小皿をお土産にしましたが、「あら、ちっちゃい。可愛い。でも何に使おうかしら?」という感じで、「きれいだけど使い道はないわね」的なニュアンスがひしひしと伝わってきたのを思い出します。



スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ハワイ語辞書"

フリーエリア

free counters