FC2ブログ

マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

お・も・て・な・し ウィーク

今週は月曜日に義母の誕生昼食会、木曜日にはアメリカ人の元同僚とその旦那さんが久々に来日し、我が家でランチ、だったのでタフな1週間に。「お料理を出すこと」がおもてなしの場合はたいしたものを作らなくてもそれなりに...ですね。

義母の時はちらし寿司、薔薇のふと巻き寿司、ズッキーニなどのバーニャカウダ、カブの塩麹漬、ゆでたニンジンとかぶとヤングコーンのポン酢がけ、デザートは抹茶ムースと黒砂糖寒天。

元同僚夫妻には、カジュアルなフレンチで、クスクスのモロッコ風タブレ、レンズ豆とベーコンの煮込み、ハムとチーズのガレット、紫キャベツとズッキーニのバーニャカウダ、我が家で育てたサンチュのサラダ、デザートはフィリピンマンゴのピューレで作ったマンゴプリン。

私は麦茶でしたが、彼らにはピーチビールを。料理が得意なご主人にマンゴプリンのレシピを聞かれました。

3時に、だいぶ前に定年退職した当時の同僚宅が10キロ先という近所になり、約20年ぶりに訪れることになっていましたので、敢えて、全体的にランチの量は軽めに。(女子会だったら十分な量ですが、旦那さんはやや物足りない量だったかも)

大先輩の同僚のお宅はかつて、アメリカやオーストラリアからのお客様が3週間ほど滞在する時に20人くらいで夜にお邪魔し、奥様の素晴らしい手料理を楽しんだものでした。

自分の車で行ったのは今回が初めて。当時はそのお宅よりもさらに南下したところに住むとは想像もしていませんでしたが。
我が家よりも倍以上の敷地で、ちょうど生協のトラックと、近所の「生協仲間」の車3台くらいが停まっていて、もう一人の女性の元同僚の車、さらに私の車がすべて停められる、という広大なお庭でした。

5月としては暑い日だったので麦茶とすいか、ケーキをごちそうになり、更におしゃべりを楽しみました。

その後、近所でアメリカ人ご夫妻と友人の女性と私で、彼らの電車の時間までコーヒーを。ご夫妻は夜は別の職場の日本人の元同僚と約束があるとのことで、大忙しの1日でしたね。





スポンサーサイト

テーマ:あれこれ - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ハワイ語辞書"

フリーエリア

free counters