FC2ブログ

マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

モロッコ料理は幻に→親戚宅めぐり

連休後半、正確には1日から時ならぬ風邪をひいてしまいまだ治っていません。明日からの出勤にしておいてよかった。
5日は従姉妹会でしたが、5人のうち2人が急病でキャンセルに。元々、私は昼食会の前に叔父と叔母を訪ねる予定にしていました。あとの従姉妹たちは徒歩圏内の人も含め、すべて都内在住なのでいつでも訪ねられるかと。ところが、3人になってしまったので、モロッコ料理店の予約はキャンセル、ひざを痛めた従妹と叔父夫妻を3人の従姉妹で訪ねることに。

我が家のハーブ類、ベイリーフ、ローズマリー、オレガノとハワイ土産のヘーゼルナッツ・コーヒー、国産ピーナツバター。亀谷万年堂の柏餅は途中で買っていきました。従姉は神田のお寿司を叔父の家族のお昼用に、従妹はレピドールのクッキー。

お昼は環八沿いに移転したオーボンヴュータンで。1時間ちょっと並びました。ランチは終わってしまったので、アラカルトで。絵的にちょっと地味ですが。


まぐろのように見えるサラダはビーツ。真ん中はレンズ豆とベーコン等の煮込み。右はクスクス。この後、従妹はトマトのファルシー、従姉はビーフの赤ワイン煮、私はアーティチョークとハムのグラタンをそれぞれ頼み、シェアしました。これにパンがつぃています。思ったよりボリュームがあり、ケーキはとても無理でした。

コーヒーでもと思った時、従妹がやっぱり家に寄ってください、とのことで、オレンジケーキを従姉と買い、お土産に。タクシーで5分ほどの別の叔父夫妻宅へ。スライスした「お持たせ」のケーキが載せられたのは従姉の結婚式の引き出物のケーキ皿。我が家にも同じお皿がもちろんあるのです。様々な思い出話に花が咲きました。

交通機関が発達した昨今、「遠い親戚」も近くのようにつながれるのですね。思いがけず、2軒の親戚宅めぐり。引っ越しが多かったわたしの故郷です。
スポンサーサイト

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ハワイ語辞書"

フリーエリア

free counters