FC2ブログ

マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

ケニア最新情報

久々に月曜日が休みで、週末疲れを癒しています。涼しいですし。週末の土曜日は、「食と食材から見るアフリカ」の一環で「ケニア料理体験と駐在員が語る食と観光の魅力」というイベントに参加しました。

場所は五反田のマシューコウズバッファローカフェ。元、日本のケニア大使館員だった方が経営しているそうです。


昔はケニア料理と言えば目黒の「ぴがぴが」でしたが、数年前に閉店。最近はこちらなのですね。3年目とのことです。カンバ族の料理が中心、とのことで、馴染みのない料理もありましたが、ウガリ(トウモロコシの粉で作った主食)とシチューは懐かしかったです。

参加者の方々は「アフリカに行ったことがない」という方がほとんどでしたが、隣に座った方はケニアでビジネス展開されていて、最新の事情を聞くことができ、有意義でした。4年間駐在していたというゲストスピーカーの情報も興味深かったです。スワヒリ語で自己紹介をしようと思っていたのが、ちょっとあてがはずれました。(30秒自己紹介は日本語)。

情報その1:エチオピア航空がおすすめ。機体が新しく、夜8時頃に出発し、現地朝7時に着く。あとはアラブ首長国連邦の航空会社、エティファド航空。
情報その2:ナイロビのケニア料理店の老舗(40年くらい)で創業者の孫の代になっているMalindi Dishesの料理は本当においしい。
情報その3:Malindi Dishesの付近には生地屋さんが多く、テイラーさんも常駐、その場で型紙も作らず、採寸して3時間ほどで服を縫ってくれる。

経営者のケニア女性は日本語であいさつした後、「このあとボランティア活動がある」とのことで、途中で退出されました。お話しできると思っていたのに残念でした。

3時近くに終了後、東京テレポート駅に移動、「スペイン・フェア」に立ち寄りました。ちょうど、フラメンコのライブなどはお休み中で、食品部門とお土産部門だけでした。フラメンコのTシャツをゲット。

タスカー・ビールが爽やかに味わえる、初夏のような1日でした。
スポンサーサイト

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ハワイ語辞書"

フリーエリア

free counters