FC2ブログ

マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

ダブル・ヒュー

先週、土曜日、パディントン2を見てきました。これはお土産で買ったミニ・クリアファイル。
ファイル_2018-02-20_8_06_29_convert_20180220081019

今回は何と、ヒュー様こと、ヒュー・グラントが出ているのです。悪役の「落ち目の俳優」役で。パディントンと一緒に暮らしているブラウン家のご主人、保険会社勤務のブラウンさん役のヒュー・ボネビルとは「ノッティングヒルの恋人」以来の共演ではないでしょうか。若い頃はヒュー様が正統派ハンサムぶりで、ハリウッド女優の恋人役、ヒュー・ボネビルはヒュー様の友人の銀行員役でした。

ちなみに、ヒュー様はオックスフォード、ヒュー・ボネビルはケンブリッジ大学をご卒業だそうです。年齢はボネビルが3つ下。

あれから20年、ヒュー・ボネビルはルックスがほとんど変わらず、貫録を増し、ダウントンの伯爵や今回のMr.ブラウン役など、主役級に。かたやヒュー・グラントは15年前の「ラブ・アクチュアリー」でビル・ナイが演じたような、派手にロック歌手として再デビューをした「往年のスター」のような役。当時のビル・ナイとほぼ同じくらいの50代後半なのですね。当時ヒュー様はイギリスの首相役で40代前半。まだまだ美貌、健在でした。

う~ん、とうなっていたら、パディントン2のこの役で、ヒュー様は賞を取ったことが判明しました。元シェークスピア俳優で、修道院の尼僧から、神父さんに早変わりするなど、変装し、犯罪を働き、パディントンに濡れ衣を着せる、という役でした。走る列車の上を軽々と歩くなど、身のこなしは相変わらず軽やかで。そして、逮捕された刑務所の中で、アイドル歌手のようなピンクの衣装で他の囚人や看守と共に歌い踊るラストシーンは圧巻です。

前回のシリーズよりずっと面白かったです。3はいつかな?




スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ハワイ語辞書"

フリーエリア

free counters