マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

「今世紀最高視聴率」から15年

「定年女子」見ています。ヒロインの53歳女性、「役職定年」で平社員になり、自分の意見や企画が通らない立場になったことから、退職します。再就職先の葬儀屋さんも退職し、ハローワークの職員になるところまでが前回。

そして町田啓太さん演じる23歳年下の元部下であるイケメン青年から想いを寄せられ、私生活も絶好調!と思いきや、娘の出産や元姑や元夫との関係、認知症の母を持つ友人など、問題が頻発しはじめるのです。

たぶん出番は終了かと思われるのですが、例の「ミニスカ38歳部長」を演じている女優の高野志穂さん。なんと、15年前の朝ドラさくらのヒロインだったのですね。実年齢は37歳とのことなので、さくらを演じていた時は22歳。現在は定年女子であどけない童顔の女性からきりっとした美しい女性に変貌しています。

12年間海外生活を送られたとのことで、「さくら」ではハワイ生まれの日系4世の役で、ルーツのある飛騨高山の中学校で、外国人指導助手として奮闘する、という話でした。絵ろうそくを作る一家にホームステイという設定でしたね。

当時、日系アメリカ人の同僚がいたので、「こんなきれいごとじゃないから」と思いつつも、朝ドラらしい前向きな内容に元気づけられていたのでした。

当時はビデオテープの時代で、見たい映画などの予約をすると、15分のドラマを録画する余裕はなく(巻き戻しも面倒だったし)、7時半からのBSを40分まで見て出勤していたのです。(45分まで全部見ると、ぎりぎり)当時、夜11時台の再放送はなかったので、毎日5分欠けたまま見ていたのを記憶しています。

思いがけない「再会」、うれしかったです。

スポンサーサイト

テーマ:NHK総合 - ジャンル:テレビ・ラジオ

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters