マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

キーツか基一か

昨日は乃木坂で、家の者は「ダリ展」、私は江戸琳派の「鈴木基一」展へ。
お互いに「キーツ?英国詩人の?」「ダリ?あの溶けた時計の?」というわけで、同じ駅で降り、1時にミッドタウンで待ち合わせることにしたのです。

若い知人が行ったと知り、30日終了の展示、前日にすべりこみました。看板は朝顔ですが、他の作品の葉の描き方、色合いの美しさが絶妙です。久々に図録を買うことにしました。すべて郵送で11月中旬に到着予定。
ファイル_2016-10-30_12_40_40_convert_20161030222801

お昼はミッドタウンの中の「鈴波」で渋く、さわらの粕漬けとひじきの煮物、奈良漬などの和食。

その後、夫の叔母が作品を数人で展示している銀座の画廊に立ち寄り、その後、例によって近くの「カフェ・パウリスタ」でコーヒータイム。新しくなってから初めて行きました。2階は昔の面影はなく、とても新しい感じでした。

東京駅まで歩き、大丸へ。来週1年ぶりでお会いする、枝豆好きなアジア系アメリカ人の女性へのお土産に、「ずんだ茶寮」のお菓子を買おうとしたところ、TVに出たとかですごい混みようでした。来週、別のお菓子を買うことにいたしました。

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters