マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

ひと休み

怒涛のように締め切りが終わると、もう年末。図書館でこんな本を見つけました。いつだかわかりませんが、日経新聞の書評に出たものだそうです。

アメリカの田舎からNYに出てきた、平凡な、ちょっと冴えない会社員の女性が、あるとき、魔法の会社にスカウトされます。彼女の「平凡」さが、魔法の会社では高く評価され、地味な日常は変わらないものの、次第に自信をつけていく、という物語です。

ニューヨークの魔法使い <(株)魔法製作所> (創元推理文庫)ニューヨークの魔法使い <(株)魔法製作所> (創元推理文庫)
(2006/07/11)
シャンナ・スウェンドソン

商品詳細を見る

英語版はKindleでは97円。続編も500円を切っています。Enchanted, Inc.が英語のタイトルです。

続編を英語版で立ち読み。ヒロインのケイティはSATCのようなゴージャスなOLさんではなく、ごく普通だけど、上司の文書の間違いをきちんと直し、会議では企画を出して注目される、デキル社員です。

年賀状、去年に引き続き、30日から印刷を始める、という状態です。続編を読んでいる場合ではありません。が、アメリカのドラマにもありがちな、結末のない終わり方で続編につながるので、続きが知りたい。
スポンサーサイト
最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters