マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

世界とのつながり

昨日のワークショップで、知人(男性)が出したクイズです。

「スーダン、日本、アフガニスタン、ハイチ、コンゴ。この5ヶ国の共通点は?」

そうですねえ。日本以外は途上国だけど、共通点って、何かしら?

答えは:国連の調査による、2011年5月の段階で「支援されている国」だそうです。今や、「上から下」への援助、ではなく、「水平の」援助だそうです。震災の時、「自分の国は大丈夫なのかしら?」と思うような国からの支援がありましたよね。

「この部屋にあるものと世界とのつながりを指摘してください」
出た!10数年前、この知人と一緒になった、カナダでの研修では定番でした。高校生に聞くと、大抵、文房具が中国、ベトナム、マレーシア製、などということになります。

我々大人も、バッグをひっくり返したり、ジャケットの裏を見て確認したり、あるいは天井や床を眺めたり。

ちなみに、私のものといえば、アメリカ製だと思っていたバッグとエコバッグは両方とも中国製と判明。日本のディズニーランドで買ったミニタオルもそうでした。ファウンデーションは韓国製、ロクシタンのシアバターはフランス製。NYの国連本部で買った時計は香港製。

その後、近くの席の人たちと3人組になり、「途上国支援の在り方」について熱く語ると、次は同僚とその仲間の発表。ウガンダの研修報告などなのですが、彼女たちの発表から、忘れかけていた熱いものを思い出しました。

さて、今朝、出勤前に、ダウンジャケットを大胆にも手洗いしましたが、なんとか乾いてきました。やはり、フワフワ感が落ちています。



スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters