マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

Goodbye、赤プリ

今日で、グランド赤坂プリンスホテルが閉館しました。先日の結婚記念日に初めて泊まり、お別れをしてきました。かつての薄紫の絨毯はベージュと格子縞に変わっていましたが、大理石の白いフロアはそのままでした。オープンしたての頃のきらびやかさを思い出します。朝食はブルー・ガーデニアのビュッフェで。外の景色は昔と変わりません。

夜は外で食べたかったので、フランス人の友人が絶賛する、真向かいのオー・バカナルにしました。ニース風サラダ、キッシュ、オムレツとワインでかなり満腹。桜はまだでしたが、この風景を味わいながら戻ることができました。

明日からは震災で被災された方々の受け入れ施設になるとのこと。予期せぬことでしたが、壊される運命にあるホテルにとっては、役割をまっとうすることができ、立派な最期になると思います。

若い頃の職場の思い出。Goodbye、青春の思い出。

スポンサーサイト

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters