マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

ベイクウェル・タルトと八つ橋

八つ橋の会社、井筒屋と聖護院、が創業年で争っていますね。でもどうなんでしょう。これは創業年は示されていませんが、6年前に京都に行ったとき、「西尾」という八ッ橋のお店の前に八ッ橋発祥の家という提灯がありました。

そして、イギリスでも。ベイクウェルというお菓子の里で、2つのお店が「本家」を主張しているそうです。1つはベイクウェル・タルト、もう一つはベイクウェル・プディング、で。ベイクウェル・タルトの里で、くしくも6年前に書いています。

消費者からすれば、「美味しければどちらでもいい」っていう感じでしょうか。

気づいてみれば、京都土産で八ッ橋、生八ッ橋、あまり最近は以前より買わなくなりましたね。京都に行かなくても買える、ということもあるでしょう。新しいお菓子がいろいろ出ていますし。職場のお土産等でもほとんど見かけなくなりました。でも、気が付けば、思い出したらきっと買う。

ベイクウェル・タルトはゴールデン・シロップとアーモンドパウダーがあれば自分でも作れそうです。が、イギリス菓子を売っているカフェなどで買うのがよいのかな。八ッ橋なら少しずつ買って味比べできそうですが、ベイクウェル・タルトはそれほど日持ちもしないし、そこそこかさばるので1軒で買うのがせいぜいでした。

スコーンとお団子はもともと家庭で作るものなので、そういう争いは起きないでしょうか。







スポンサーサイト

テーマ:イギリス食生活 - ジャンル:海外情報

スコーンとクロテッド・クリーム

先日、コストコでアイリッシュ・スコーンを買った話を書きました。レーズンとクルミの2種類。そもそも、焼き立てであれば、家で作っても、「手前スコーン」ですが、小麦粉、バター、少量のミルク(ヨーグルトやカテージチーズを入れるレシピもありますね)で作った生地でサクサクと美味しいのです。

日本のお団子みたいなものなのではないでしょうか。草だんご、甘辛だんご、母が作ってくれましたっけ。もちろん、老舗の和菓子屋さんのお団子は美味しいですが。

お店のスコーンは1個250円位で、高く感じます。ちなみにコストコのは18個入りで900円位なので、1個50円。

私が美味しいと思うスコーンは主にこの2か所。ちょっと不便な場所(千葉県佐倉市の志津の住宅地)にある、ザ・ペイストリー・ルーム。それと日本橋三越の中にできたジュリズ・ティールームズ

ペイストリー・ルームのは驚くべきサクサク度と食感がすごい。どう転んでもこんなスコーンは作れない、と思います。車でしか行けないし、駐車場がちょっと残念なのですが、行く価値はあります。(ネット販売があるんですが)

ジュリスは、コッツウォルズでベスト・ティープレースを2008年に受賞したお店の日本店。受賞した年の2008年に訪れました。ここのはサクサクではなくしっとり系の絶品。

この2種類はそうは食べられないので、せめてクロテッド・クリームを探したのですが、近くのスーパーでは中澤のサワークリームはあったのですが、さすがにクロテッドはなし。勤務先最寄り駅の成城石井には100グラム入り約380円のがありましたが、ちょっと暑い日に長時間持ち歩くのを躊躇して、新宿構内のニュウマンに入っているデメララ・ベーカリーを目指しました。

ここではロッダのクロテッド・クリームがあるのです。お値段は28グラムで330円。


スコーンを買わないのは申し訳ないかな、と思っていたらこんな可愛らしい袋が。マチはついていません。
20180606081204.jpg

イギリス好きの友人にスコーンと共にプレゼントしたら喜ばれるでしょうね。




テーマ:イギリス食生活 - ジャンル:海外情報

イギリス料理@表参道

いわゆるイギリス料理を初めて食べたと思うのは、ケニアで生まれ育った「ホワイト・ケニアン」と呼ばれる、イギリス人女性が経営するお茶園で、ケニアの紅茶の歴史などの説明を聞いた後、お茶畑を見ながらガーデン・ランチ、という時でした。「コールド・ミール」のビュッフェです、と言われて、食事場所に行ってみると、ゆでた野菜に塩コショウ、ローストビーフ、サラダ、フルーツ、ずっしり重いパウンドケーキ、などが並んでいました。今で言う「つくりおき(温めない)」ビュッフェ、ですね。

うーん、シンプルすぎる。その後、イギリスに初めて行った時食べたのは朝食とパブ飯以外はイタリアンなど。それから数年後に、イギリス人の先生のお宅でケータリング料理のビュッフェで開眼。ファラフェルなどの中東料理や、イギリス風のカレー、スパイスやソースで仕上げた「美味しいイギリス料理」があることを知ったのです。

日本ではしばらくは英国パブがイギリス料理の中心でしたが、老舗的な本格的なお店ももちろんあります。フィッシュ・アンド・チップス専門店なども。

最近では、英国展にデリなどで出店しているところにぜひ行ってみたい、と思っていました。

ロンドンが本店の、表参道にある
Franze & Evans
に3月下旬、行ってきました。久しぶりに会う友人2人との女子会です。


3人ともランチプレートはサラダ2種類、ホットディッシュ1種類の1580円のものにしました。私はクスクス、いんげんのサラダ、それとシェパード・パイ。ドリンク付きで、スープかドリンクのどちらかを選べます。デザートはバノフィーパイ、レモンケーキ、カップケーキなど、食後には食べられそうにないボリュームのものがほとんどでした。

デザートはやはり無理だったのでチャイを追加で。1人だけケーキを頼んだ友人がひとくちおすそ分けしてくれましたが、とても美味。

それにしても、平日の1時で行列とは。私と友人は午前の部が長引き、待ち合わせに20分遅れてしまいましたが、ママチャリで先に到着していたもう1人の友人が並んでいてくれたおかげで、ちょうど入れました。文京区に住んでいる友人がママチャリで表参道までどれくらい時間がかかったのか聞くのを忘れましたが。

次回はケーキをテークアウトしたいですね。あるいはお茶とケーキで。

同じ日にパスした40人の昼食会はモロッコ料理だったのですが、それは次回、従妹女子会で「リベンジ」になりそう。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

英国展@伊勢丹

昨日は伊勢丹英国展に行ってきました。例によって所要時間は30分でした。

こちらはクマのブローチなど、細かい可愛らしいものが物品では多く、楽しめました。食品部門、というより、イート・インのスペースが広く、「試飲」を超え、パブのようになっていました。クリーム・ティなど「お茶部門」も行列ができていました。1時間あれば、パブ飯とビールが、女性一人でもイケたのですが。フィッシュ&チップスのテイクアウトもあったのですが、やはり、この雰囲気ですね。

ママレードは大きな瓶で重そうだったのであきらめました。そこで、ローストビーフとマッシュポテトのお惣菜をテイクアウト。クリスマス仕様の紅茶やクッキー、ミンス・パイなどがありましたが、今回は断念。

それにしても、伊勢丹自体が久しぶりでした。幼い頃には、徒歩圏に住んでいて、母に手をひかれ、歩いて通った伊勢丹で、10代まではなじみがありましたが、とんとご無沙汰していました。10年ほど前は高島屋にはよく行きましたけれど。

昔なじみのデパートが賑わっていて、嬉しく思いました。

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

今年の英国展

去年の英国展も、やはり、海外に行く直前でした。しかも、夜6時半から7時半閉店までの1時間弱で食品を買い込んでいました。

今年はだいぶ夏の疲れがたまっていたせいか、前日に行くとは思いもよらず、先週の木曜日に行ってきました。今年は5時半に日本橋三越に到着できそうだったので、6月にお会いできなかったK子さんをお誘いし、軽い夕食もご一緒して。会場ではスコーンなどお茶のお店のイートインだったので地下へ。最初はアンティークのコーヒーカップや食器類をじっくり眺め、目の保養。

昨年と違うと思われるのは、前半6日から12日、後半13日から18日、と分かれていること、「目玉商品」はそれぞれの初日に個数限定、ということでした。Ahmadは今年はお得なセットはなく、紅茶は買わずじまいでした。今年は、ひとりではなかったので、いろいろ試飲しましたが。K子さんはウォーカーのショートブレッドのお楽しみ袋と、ヒギンズの紅茶(秋のお茶?)、ミセス・ブリッジズのイチジク・ジャムなどを短時間でお買い上げ、見ていて楽しめました。

私は結局、紅茶はシンガポールのお茶、スリランカのお茶、イギリスのお茶などまだ家にはいろいろあるので、今回は断念し、ミセス・ブリッジズの薄切り・ママレードのみにしました。ママレードは冬には作るのですが、真夏には作らないので。本当は今週末の 16日に予定されている、英国ママレード・アワード2017で「ダブルゴールド」受賞、という赤曽部さんという方の「ママレードをおいしく作るコツ!」というのを見に行きたかったのですが。

今回大きな収穫は、コッツウウォルズの樹里さんのティールームが今月22日に三越にできるということでした。やはり、「現場に来ないとわからない」ということはあるのですね。

明後日、例年のように海外に出るのですが、明日は都内で仕事。今年は前日はやめておこうと思います。


テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ハワイ語辞書"

フリーエリア

free counters