マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

今年もエルダー・フラワー

一昨年インフルエンザ対策でも書きましたが、私はハーブの力でインフルエンザ予防をしています。

家の者は懲りたということと、今年は近所に高齢の身内がいるので、「うつしてはいけない」ということもあり、早々に予防注射を打ちました。私はそろそろ、「エルダー・フラワー・コーディアルを買わねば」と思い、昨日、フィンランドの教授とのセッションを終えた後、イケアまで買いに行きました。

今年はさらにエルダーフラワーとレモングラスのお茶を発見、コーディアルとともに買いました。雑貨類を買った後、エルダーフラワーのクリームがのったカップケーキとピンクの「プリンセス・ケーキ」でお茶に。
P2014_0129_135800.jpg

可愛らしいカップケーキを食べたところ、おいしかったのですが、よく泡立てた石鹸のような味でした。決して、けなしているわけではありません。爽やかな味なのです。

さて、我が家のローズマリーは約12年で枯れ、セージも5年ほどで枯れてしまったので、春になったら苗を買おうと思っていました。まだ「特製うがい薬」はあるのですが。今日、野菜を近所に買いに行ったら、ローズマリーの苗がたくさん売られていて、苗1つが100円だったので、早速購入。

我が家の庭はまだほとんど何もないので、徐々にハーブ・ガーデン化し、自家製ハーブ酒、ハーブティを作りたいものです。



スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

フィンランドと言えば

先週に引き続き、今日もフィンランドからの教授のアテンド。学校訪問の手配と案内なのですが、正式な日程に組み込まれていないので、なかなか。知り合いのつてをたどり、先週訪れたところではほぼ英語の授業見学のみ。今日はカナダ人の先生による施設案内中心。

あまりなじみのない国のようですが、教育界ではPISA世界一ということで近年注目されています。洗練されたデザインとか、福祉の充実した、男女平等の国とか。サンタクロース、ムーミンなどなど。

「スプーンおばさん」はノルウェーでしたね。「イケヤ」はスウェーデンですよね。という具合に、北欧は「どの国だっけ?」と考えてしまいます。

訪れた学校では「大昔、ハネムーンで訪れました」と懐かしげに言う先生や、「今年の4月から娘が留学します」と言う先生がいたりで、意外になじんでいる方々も多いことがわかりました。

肝心の教授と言えば、本当に寡黙な方で、訪問を楽しんでくださっているのか、興味深く見学できたのかが先週はわからずじまい。今日は「フレンドリーな先生方で、モダンな施設、大変有意義だった」とのことで、「アレンジしてくださってありがとう。」とにっこり。やはり、ヨーロッパの方なのですね。

さて、佐倉の国立歴史民俗博物館のそばのカフェ・シュクルはタオルのマリメッコなどの雑貨が置いてある北欧・スタイルのカフェ。フィンランド・スタイルのカフェ・ソケリと姉妹店だそうです。

女性の先生だったらお連れするところですが。



テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

インフルエンザ対策

先週の水曜日から今日まで、夫がインフルエンザで家にいました。子どもの頃、私は風邪に弱く、隣の席の子がくしゃみをしたらもう風邪をひく、といったほどでした。「でも、この子は大人になったら丈夫になるよ」と言われたとおり、今のところ大丈夫です。さすがに、今日の夕方、「看病」疲れなのか、とうとう、うつったのかちょっと具合が悪かったのですが、なんとか持ち直しています。

私は、予防はしていました。我が家のハーブ、ローズマリーとセージをブランデーに10月頃から漬け込んだ自家製うがい薬でうがい。激しく薬っぽい匂いがします。間違えて飲み込んでも大丈夫という安心感はありますが、とても飲めない。

さらに、イケヤで買った濃縮のスウェーデン製「エルダーフラワー・コーディアル」を薄めて飲んでいました。イギリスでもよく飲まれていて、風邪やインフルエンザ予防になるとのことです。

両方とも夫にも勧めたのですが、遠慮されてしまいました。

エルダーフラワーを調べたら、日本名は「ニワトコ」だったのですね。子どもの頃読んだ児童文学の翻訳ものに出てきたような気がします。さらに飲み方としては、炭酸やスパークリング・ウォーターで割ってノンアルコールの「シャンパンもどき」としての飲み方が紹介されていました。

果たして、「ハーブの力」で私はこの冬を乗り切れるのでしょうか。

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
この秋で大学院博士課程を満期退学。
もう院生ではないので
博論終わったらブログ引っ越します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters