マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

ちょっと紫陽花、鎌倉

先週の日曜日はフィンランド人のご夫妻を鎌倉へアテンド。池袋のホテルで朝、ピックアップ、湘南新宿ラインで鎌倉へ。午前中は小町通りを抜けて鶴岡八幡宮。入口のカフェで鎌倉ソーダで一息入れてから中を回りました。お昼はYちゃんご推薦の「鎌倉彫会館」で鎌倉野菜のランチ。1時半頃で、遅かったためすいていました。ランチの後は3階にある鎌倉彫の博物館で、鎌倉時代から明治時代までの鎌倉彫を鑑賞しました。

午後は鎌倉の大仏様と長谷寺で観音様。江ノ電で藤沢に向かい、藤沢から電車とタクシーを乗り継ぎ、先生のお宅へ。

ご夫妻は次の日から京都旅行なので、夜7時には夕食を終えて帰りたい、とおっしゃっていたそうなので、K子さんと辻堂のキャス・キッドソン・カフェでお茶の約束をしていたのですが、夕食開始が7時半頃になってしまい、キャンセルに。大変申し訳ありませんでした。最寄駅帰着が10時近くになってしまいました。

月曜日が都内で仕事だったため、都内に宿をとっていましたが、私は電車に乗れなかったため20分ほど次の電車を待ち、ホテルでダウントンアビーを見ようと思っていたのが間に合いませんでした。

それにしても、今回、鎌倉時代前後の日本史が頭に入っていなかったこと(日本史の英語版資料を持っていきませんでした)、懐石料理の知識も乏しく、説明が大変でした。本当は鎌倉ウェルカムガイドをお願いする予定が、人数が減ってしまったので、取りやめるという連絡を受けました。お願いしたほうがよかったのでは?







スポンサーサイト

テーマ:<逗子〜葉山〜鎌倉> - ジャンル:地域情報

ばらはこれから

連休中にイギリス?という雰囲気のバラ園に子どもの日に行ってきました。
ファイル_2017-05-07_11_13_32_convert_20170507111848

1月に下見をした君津市のバラ園、ドリプレ・ローズガーデンです。

イギリスのアンティークを売っているショップとガーデン・カフェが併設されており、連休中ということで混んでいました。入口はイギリス風にした普通の家の入口のようです。
ファイル_2017-05-07_11_14_04_convert_20170507111922

ばらはまだまだつぼみで見られず、あやめのアレンジが椅子の上におかれていました。
ファイル_2017-05-07_11_15_19_convert_20170507111955

このガーデンは、バラの見ごろの入園料が一番高く、3月中は無料。5月19日までは600円とのことです。

この辺りは道も広く、私の車での初遠出には最適でした。

テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

「鉄子」ではないが...

さて、暮れも押し詰まってまいりました。私自身の仕事納めは22日。その日は忘年会だったのですが、遠方なので不参加という選択肢が妥当なはずでした。が、次の日が休みで、美術館めぐりを家の者とする予定だったので、参加し、一人で泊まることにしました。

泊まった場所はトレインホステル北斗星。今月15日にオープンしたばかりなので、わずか1週間だったわけです。寝台列車「北斗星」をそっくり使った宿泊施設で、家でたまたまニュースを見ていて泊まってみたいという話になりました。ユースホステルのような、寝台車のような、というものです。

入口はこんな感じです。
ファイル_2016-12-26_16_34_27_convert_20161226165351

中に入るとフロントはシンプルで。開業祝いのお花がありました。
ファイル_2016-12-26_16_33_51_convert_20161226165432

そして客室の個室は照明が意外と優雅で。ちなみに私は2段ベッドの下でした。
ファイル_2016-12-26_16_34_52_convert_20161226165501

隣にはアジア系外国人の若いお嬢さんがいて、「おはよう」と言われたので、「おはよう」と返し、英語で話しかけてみるとインドネシアの方でした。知っているインドネシア語「テレマカシー(ありがとう)」と言ってみると笑顔に。お友達が九州に住んでいるので訪ねてきてとりあえず東京にということでした。「今日はエンペラーの誕生日ね?」と聞かれたので、皇居一般参賀の詳細をiPadで確認しつつ教えてあげました。

その後、東京駅まで出て、朝食に。そこで夫と合流し、上野での「クラーナハ」展を目指しました。

北斗星には乗ったことがなく、「鉄子」でもないのですが、面白い体験でした。








テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

初めてのLCC,初めての第3ターミナル

先週、初めてLCCを利用しました。そして、第3ターミナルも。
ファイル_2016-11-08_7_43_54_convert_20161114161321
フードコートと日本各地のお土産屋さんが、コンパクトに配置されていて、快適でした。追加の東京土産として「ごまたまご」を購入。

松山までは1時間40分、搭乗前に買ったサンドイッチで軽くお昼。着いてからお茶するつもりで。松山空港にはこんなステンドグラスがあり、「みかん」の国、という感じなのでした。
ファイル_2016-11-08_7_45_17_convert_20161114161354

そうそう、愛媛県自体も初めてであります。学会なので、到着した日の午後1時から4時までが自由時間で、「坂の上の雲ミュージアム」と、「萬翠荘」を見た後、道後温泉の「神の湯」にさっと入り、それから会場へ。火照った顔を移動中にさまし、なんとか夕方の部に滑り込み、で初日が終わりました。

テーマ:愛媛県 - ジャンル:地域情報

岡山で「桃とキジ」

8月27日の午前中は山口県の岩国で錦帯橋を見て、それからバスで広島へ向かい、広島でお土産を買うと新幹線で岡山へ。到着してからB級グルメの「ぶたかば(豚のかば焼き)」を食してから、後楽園へ。

バスを待っているとこのような光景が。
20160827150248.jpg

そう、ドラマのロケのようです。「桃太郎」の銅像付近でした。3時頃からバスを15分ほど待ったのですが、その間に、同じシーンの撮影を3回。

写真の下の方で、ベージュのような淡いピンクのようなTシャツをきて座り込んでいる青年は俳優さん。そこへ、旅行用カートを引いた若い女性が通りかかり、青年と何か言い合いをしています。そして、カートを引いて女性が去りそうになると男性が立ち上がり追いかける、というシーンです。

そのたびに若い男性と中年の女性のエキストラさんらしい方が通行人として通りました。

青いTシャツの方々はスタッフですね。「桃とキジ」と書いてあります。桃とキジは映画だったのですね。岡山県先行公開だそうです。

子ども時代に保育園のお遊戯会で桃太郎を演じた女性が、家来のサル、キジ、犬役の男性たちと大人になってから再会するという話だそうです。恋愛ものなんでしょうかね。

あれからどのくらい撮影していたのでしょうか。我々はバスが来たので後楽園の庭園を見に出かけましたが、夕方に帰ってきたらさすがに彼らは消えていました。

さて、関東地方でこの映画を見る機会はあるのでしょうか。



テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters